不動産投資、投資戦略ならKMPacific

 

 不動産投資運用とは

「不動産投資」とは言葉の通り不動産を購入し、賃貸等の定期的収入からなるインカムと売却時に発生するキャピタルゲイン(売却価格が購入価格を下回る場合にはロス)からなる収益を得る事です。弊社の「運用」とは、投資当初に定めた投資方法で利益率を獲得する為に行なう業務を意味します。よって弊社の不動産投資運用とは、不動産購入から売却をする迄の一連の業務を遂行する事を意味します。

不動産購入時から売却までは、通常3~5年掛かると見込まれていて、その間の購入物件の見極め、行政との許可取得を含めた折衝、建築工事の管理、仲介の管理や、物件運営の遂行、売却時の先方との折衝と売却後の事務処理等を意味します。

弊社は募集した投資金額に対して毎年時に定率報酬と売却時のパフォーマンス報酬などを頂く事で収入を得ております。これら報酬は全て契約時に金額若しくは率を提示しており、透明化を計っております。また弊社は全ての投資案件には、エクィティー(資産)参加を致します。

各投資物件売却後(よって、フィーや経費を除いた投資家様への配当金全額分配後)は、各投資エンティティーは解散されます。また当初の投資資金募集についても、各金融当局の規定に則り行なわれており、殆どの場合、事業開始前に資金の振込をお願いする事は致しておりません。

 

海外不動産投資 投資戦略 クローズトエンド型投資